ダブル


CoRich舞台芸術!
白鳥のめがね


「ダブル」とは「ドッペルゲンガー」のことなのだそうです。

先日、早朝のことなのだけど
寝ていたら、○○さんからメールが来た。

「今、渋谷にいなかった?」

そのメールで起きたので
とりあえず「寝てました」と返事をしたら

「やっぱり!?ドッペルゲンガーだ!」と返ってきた。

○○さん曰く、ドッペルゲンガーを本人が見るのは
死ぬ前兆なのだそうだ。

でも私は家で寝ていたので渋谷にいた「それ」とは関係ないのだけれど
でも○○さんはすごくすごく心配してくれた。

でも、申し訳ないのだが
例えばもしそれがドッペルゲンガーでなく、本物で
単に渋谷で朝帰りしてる、何かちょっと残念なアレだった場合
○○さんが声もかけられないくらい様子が違ってた場合
「今渋谷にいた?」というメールをされていたら、と思うと
とてもナイーブでデリケートな、微妙なところだろうから
それはどうなんだろう、と思いながら、二度寝しました。

澄井葵でした。

構成/演出:澄井葵(青年団)
脚本   :佐々木透

出演:
    笠井里美(ひょっとこ乱舞)
    タカハシカナコ

料金:1500円

場所: ハモニカ横丁 ハモニカキッチン3Fテラス
             (武蔵野市吉祥寺本町1-1-2)

公演スケジュール:
         3月20日(土) 16時
           21日(日)13時/16時
           22日(月・祝)13時/16時 (計5ステージ)